ナチュラルな園路

 

 

_MG_2791

施工のポイント

BEFORE 2

施工前

石垣と建物にはさまれて湿気ってしまっている通路。

この状態だと歩くのも大変ですね。南庭には立派な和風のお庭が

あるのでそこに繋がるような素敵な空間つくりを目指しました!

 

 

 

 

古く風情があるものを上手に利用して

AFTER1

今回は、お庭いじりが大好きなI様のイメージをもとに建物北側から南側に廻る通路に枕木と御影石を動線に設置して園路を作成いたしました。既存の古い石垣に合わせる植物を御影石周りのリュウノヒゲをベースに選んでいきました。ヤツデ、ヤブコウジやエレナ、ビバーナムとほどよく和と洋が混じるような違和感のない前庭までの路地になり、またキッチンから見える石垣前にはポイントになるよう黄色葉のシモツケなど葉色を楽しめる植物を中心に植栽してみました。古い石垣にはナツツタを絡ませて、より植物と石垣が馴染むよういたしました。

 

 

 

_MG_2836

良く使用するキッチンの裏口から玄関までのアクセスは歩きやすいように

枕木を中心に使用いたしました。木と石、緑のバランスが良く見せると共に

使い勝手も考慮した配置にいたしました。右奥に見える葉はヤマボウシになります。

樹の反対側は階段になっており両面から楽しませてくれるようになっています。

 

 

 

 

 

 

生活の一部になっている植物たち

AFTER4建物南側には様々な種類の椿やサザンカ、サクラ、サルスベリ、モミジやシダレ梅、ツツジなど季節を楽しませてくれる植物が沢山植わっています。

1年を通して花を楽しめるような素敵なお庭です。もちろん弊社でお手入れの方

も担当させていただいております。

I様がお庭にでる動線をしっかりとサポートして、より自然体なお庭造りをサポートしていけたらなと思います。

 

 

 

 

 

_MG_2868

こちらは奥様が楽しんでおられるバラのプランター。

階段を上がったエントランス脇にバラが迎えてくれるなんて

嬉しいですよね!

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: More

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です